読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雑記】

自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ

「英語学習の方針について」

 4月になりました。新年度です。

 この新年度でやらないといけないことは大きく3つ。就活、卒論、そして英語。なぜ英語か。大学の授業サボって、TOEICで振り替えないと卒業できないから、である。

 本当は3月にTOEIC受けて、余裕を持ちたいところだったんだけど、モチベーションが続かず断念。とりあえず就活は落ち着いたから、英語と卒論に力を入れなきゃなんで、英語学習についての方向性をまとめておく。

 

 モチベーションが続かなかったのは結局、できなかったから、わからなかったからだろう、と。これでも海外に行った経験はあるんだけど、もう全然英語わかんない。ちょっとは喋れるけど、読むのとかなかなかできない。

 TOEICで点数を取れればいいので、必要な能力は、読解力とリスニング力。ではどうすればこの二つができるようになるか。

 試しにってことでTOEICの参考書やってみたけど、あれは考えて解くような問題ではなくて、もうわかるかわかんないかを即座に問われるような問題なんだなと。そりゃ当たり前といえば当たり前というか。一般的な英語でのコミュニケーション能力、日常における能力を問うのであれば、アカデミックに考えたりすることは普段はないわけで。普通に会話できて、普通に読める能力が求められる。哲学とかに求められるような深い思考力は求められない。瞬時に情報を処理する能力が求められる。

 瞬時に情報を処理する、読む力と聞く力。ではこれはどうすれば身につくだろうか。

 

 どちらの能力にしても言えるけれども、まず英語を理解できないと話にならない。では英語を理解するために必要なものといえば、文法の知識と、単語力だろう。文法とは英語を構成する法則であり、その法則に単語を代入することで文が完成していく。だから、文法が分からなければ単語の意味のつなぎ方が分からないし、文法がわかっても単語の意味が分からなければ文の意味はわからない。多分この基礎的なところから、まずい。

 

 単語を覚えるというのは地道な作業なので、とにかく量をこなす必要がある。気をつけなきゃいけないのは、単語の意味はその単語そのものだけで決まるのではなく、文脈によって決まるということ。だからできれば単語も、単語集とかよりも、センテンスの中とか、文章の中で覚えていきたいなと思う。しかし出題頻度の低いような単語を覚えても効率が悪い。ここに、単語帳の意味がある。つまり、単語帳で単語を覚えるのは文脈無視でいかんので、文章を読む中で知らない単語を見つけたら単語帳を辞書がわりに調べて、あればそこで覚える、としたほうがいい。

 いやでもできれば、センテンスで覚えられる単語帳で暗記していったほうが、早いは早いのかもしれない。結局単語力なんて言われるくらいだしなー。

 今、1ヶ月前くらいに使ってたキクタンの、スコア800のやつ少し見返したんだけど、ほとんど忘れてた・・・。やっぱ定着しないんだよなー単語帳だと。文章読んでる時に出会う、っていうパターンが一番覚えるんだけどなー。

 

 文法は、とりあえず、海外に行った時に使ってたフォレストがあるのでこれでざっくり復習しようかなと。その後で、実際の文章を使って、文法分析(SVOってつけながら読んでいく)をやろうかなと思います。これでだいぶ、文法を意識しながら読む癖はつけられると思う。単語もここでも覚えていければ、ね。

 

 単語、文法。もう一つ大切なものとして、音声がある。これはリスニング対策として、である。音声がわかんなくても脳内で適当な音に変換して入れば、読むことはできる。しかし聞くことはできないだろう。読む場合は意味は記号に対応しているから音は関係無いけど、リスニングは意味が音に対応しているため、音が聞けなければ全く理解できない。そのために英語の音にも、慣れる必要がある。

 英語の音といっても、英語の文章は要するに単語の寄せ集めである。故にまず、単語の音をしっかり覚える必要がある。その上で、文章の音も理解する必要がある、

 特に、リエゾンという発音の変化。前置詞とか冠詞によって変化するので、ここがかなりリスニングではネックになるだろう。これは単語の音を覚えるだけでは身につけられない。

 

 まとめると・・・

 瞬時に情報を処理する、読む力と聞く力。ではこれはどうすれば身につくだろうか

⑴文法レベル

→フォレストやって、文章の文法分析

⑵単語レベル

キクタンやって、文章で覚える

⑶音声レベル

キクタンで単語の発音覚えて、文章のリスニングでリエゾン覚えて、シャドーイング

 

ということは、全体の工程としては、

a.まずフォレストと単語帳

b.実際の英文

 

と、いうことになりますね。こんな感じでいきましょう。

 

 余談ですけど、よくニュースとかTEDとかで勉強したらいいっていうけど、これもやっぱりやり方によると思うなぁ。

 リスニングも聞き流せばいいっていうけど、野球上手くなりたい人にとりあえずバット振っとけばいいなんて言わないでしょ?サイクルには質がある。

 ある程度の深さを持ってサイクルを回さないと、慣れることはできても、その先にはいかない。TEDで聞いても英語の音がクリアになるだけで、意味がわかるようにはならない。単語覚えてないんだったら。アプロキシメイトリーって音が、クリアに聞こえるようにはなっても、この単語を知らなければ意味は結局わからないのと一緒。

 だからやっぱり、文法、単語、発音のレベルでいうなら、その教材によってどこまでこの3つを徹底的にこなせるか、という質を担保した上で、量が求められる気がする。とりあえずニュース読んで、とりあえずTED聞くのじゃ、ダメっすね。

 

 と、思ったけど、哲学の勉強って、哲学書を読むことしかしてなくて、哲学の単語ってすげーむずい、もはや外国語の領域なんだけど(超越論的主観性とか、実存論的存在論とか)、でも徐々にわかってくる。

 いやでもこれは、意味が何を示しているかのレベルでわかってくるのであって、記号がどの意味を示しているか、では無いな。記号と意味の対応はやっぱ、覚えないと。ただ読めばいいってもんじゃ無いな。

広告を非表示にする